Twitterアプリ(iPhone)ダークモードにブラックが追加 設定方法を画像で解説

Twitterアプリ(iPhone)ダークモードにブラックが追加 設定方法を画像で解説

iOS版のTwitterアプリにダークモードに新色「ブラック」が追加され、Android版にも近いうちに追加されるようです。

ダークモード(旧機能名称 夜間モード)はTwitterアプリ画面全体を暗いデザインにして目に優しく、バッテリーの消費を抑えることができる機能です。
以前は濃紺のデザインでしたが、不評だったようで真っ黒のブラックが追加設定されました。名称は「夜だけ使うわけではない」との事で「夜間モード」から「ダークモード」に、アイコンも月のマークから電球のマークに変わりました。
また以前はAndroid版にしかなかった日没と同時に自動で切り替える機能がiOS版にも搭載されました。

ダークモードを設定する

■Twitterの左上のアイコンをタップしメニューを表示します。
メニューの[設定とプライバシー]をタップします。
Twitterメニュー

設定とプライバシー画面の[画面表示とサウンド]をタップします。
設定とプライバシー

画面表示とサウンド画面の[ダークモード]をONにします。
Twitterダークモード

デフォルト(初期設定)は「ダークブルー」になっています。
[ブラック]を選択すると新色に変更できます。
Twitterブラックモード

自動ダークモード

自動ダークモードは日没でダークモードに夜明け時に通常モードに戻ります。
色は上記ダークモードで最後に選択した色になりますがデフォルト設定は「ダークブルー」です。
Twitter自動ダークモード

今回はダークモードの新色「ブラック」と「自動ダークモード」について紹介しました。
Twitterはアプリの中でも長時間使用する人も多いと思いますが、寝室などで見るときは白だと明るすぎると思う事もあったのでダークモードはありがたいです。

また有機ELディスプレイを搭載したiPhoneXSなどでTwitterを長時間利用する人はダークモードで「ブラック」にすると、アプリの消費電力がかなり減ると思います。有機ELは黒を表現するのに素子自体が発光をしないため消費電力が減ります。液晶画面のデバイスではそこまで違いはないと思いますが、やや消費を抑えれると思います。

WindowsやMacでもダークモードが搭載され、これから色んなアプリでダークモードのような設定がも採用されてくるでしょう。

iPhone&Androidカテゴリの最新記事