新しく変わったLINEアカウント引き継ぎ 変更点と注意点 2019年2月

新しく変わったLINEアカウント引き継ぎ 変更点と注意点 2019年2月

機種変更などでLINEアカウント引き継ぎ方法が2019年2月末のアプリがアップデートで変更されました。

LINEはスマホの買い替えや修理などで機種が変わる場合にはLINEアカウントを引き継ぎが必要で、主に「旧機種での準備」と「新機種での引き継ぎ(ログイン)と復元」操作を行います。

LINEアカウント引き継ぎで必要な操作

旧機種では事前に準備が必要です。
・メールアドレスとパスワードの登録
・電話番号登録
・アカウント引き継ぎ設定のON
・トーク履歴のバックアップ

メールアドレスとパスワードの登録やトーク履歴のバックアップ方法は
【図解】LINE メールアドレスとパスワード登録をする方法 2019年版
【図解】LINE トーク履歴のバックアップ方法 Android 2019年版

新機種ではログインと復元を行います。
・メールアドレスとパスワードでログイン
・トーク履歴の復元

2019年2月のアップデートで変更された内容

トーク履歴のバックアップ方法がGoogleドライブだけに(旧機種 Android)

以前トーク履歴のバックアップ方法として、SDカードやKeepに個別バックアップも出来ましたが、Googleドライブにすべてのトークを一括バックアップだけになりました。

アプリアップデート前にGoogleドライブ以外にバックアップしていたとしても、新機種でインストールするLINEアプリは最新版になるため復元できません。

パスワード入力のみでログインが可能に(新機種)

これまでログインにはメールアドレスとパスワードの入力が必要でしたが、電話番号が変わってない場合には入力はパスワードのみになりました。
電話番号が変わる場合は今までと同じくメールアドレスとパスワードの入力が必要です。

トーク履歴の復元がログイン時のみに変更(新機種)

LINE引き継ぎ 新

今回の変更で一番注意が必要な所です。
トーク履歴をバックアップしている場合は、復元操作を行う事で引き継げますが、以前はログイン後に設定から行っていた操作がログイン時の手順に含まれました。
今回の変更でログイン時にしかトーク履歴の復元は行えず、一旦ログインしてしまうと後からは復元操作が行えません。
ログイン時のトーク復元をスキップしてしまうとバックアップがあっても復元できません。

新規登録時にメールアドレスとパスワードの登録が必須化

今回の内容LINEアカウントの引き継ぎとは関係ないですが、LINEアカウントを新規登録する際のメールアドレスとパスワードの登録が任意だったのが必須になりました。

 

引き継ぎ手順

実際に引き継ぐ手順は
こちらを確認→【図解】LINEアカウント新引き継ぎ手順 2019年版

iPhone&Androidカテゴリの最新記事