LINE 新機能「スクショ」を使ってトーク画面を保存する方法(iPhone)

LINE 新機能「スクショ」を使ってトーク画面を保存する方法(iPhone)

2019年4月のLINEアプリアップデートで「スクショ」機能が搭載されました。(iPhoneのみ)
今まではスマホのスクリーンショットでト撮影するとスマホに表示している画面のみしか撮影保存できないので、どうしても長いトークのやりとりを保存する場合には何枚もの画像になってしまってました。
この「スクショ」機能はトークのここからここまでと選択して1枚の画像として保存できます(長すぎると自動分割されます)。その場合はたて長の画像になりますが拡大すると文字もしっかり読めます。

スクショ機能の使い方

開始位置の選択

画像保存したいトーク画面を開きます。
保存したい最初または最後のトークを長押ししてメニューから[スクショ]をタップします。
LINEスクショ

開始位置が選択されました。
LINEスクショ機能

情報を隠す

左下の[情報を隠す]ボタンを押すとトーク画面のアイコンが変わり隠すことができます。
グループLINEの場合などにアイコンを隠したい場合に使います。
LINE スクショ アイコン隠す

終了位置を選択し保存

次にトーク画面をスライドしていき範囲の終了位置のトークをタップします。
選択された範囲は明るくなりますので右下の[スクショ]をタップします。
LINE スクショ機能

たて長の画像画面になり、右下の[保存ボタン]で端末に保存されます。
LINE スクショ保存

他の人にLINEする

保存せずに他の人にLINEで送る場合は、上記保存画面で左下の[共有マーク]をタップします
LINE スクショ共有

送信先選択画面が表示されますので、送りたい相手にチェックを入れます。複数の送信相手を選択することも可能です。
右上の[送信]をタップして送れます。
LINE スクショ共有

選択範囲が長いと

選択範囲が長すぎる場合は複数の画像に分割されます
その場合1メッセージが途中で分割されることはありませんでしたが、会話の流れで区切りたい場合はある程度は範囲を狭くしてスクショすることをおすすめします。

スクショの表示が出ない

トークを長押ししても「スクショ」表示が出ない場合は、LINEアプリのバージョンが古いと思われます。AppStoreでLINEアプリを最新バージョンにアップデートしてください。
LINEアプリバージョン9.5.0以上が必要です。

さいごに

以上が基本的なLINE新機能「スクショ」の使い方です。

思い出に残るトークのやりとりを残したい場合や、誰かにトークの流れを見てもらいたい場合に有効的に使える機能です。
しかし個人間トークを第三者に送る場合は、トラブルの種にならないよう相手に配慮して利用したほうがいいと思います。

iPhone&Androidカテゴリの最新記事