Twitterのフォロワーが明らかに減った場合の原因

Twitterのフォロワーが明らかに減った場合の原因

Twitterのフォロワーは増えるとうれしいですが、減ってしまうと悲しくなり、結構気になります。
「フォロワー数に一喜一憂する必要はない」とわかっていても気になるものは気になりますよね。

しかし明らかに減少したり、一気に減少した場合には減った原因があります。原因を理解して対策するのも必要なためまとめておきます。

自分以外の原因

Twitterのフォロワーカウント数の変更

2018年7月より「フォロワー数の信頼性を高める取り組み」により異常性の高いアカウントやスパムアカウントのロックが行われるようになりました。それらのアカウントにフォローされているアカウントのフォロワー数にはカウントされなくなり、結果的にフォロワー数が減少します。
Twitterjapan

非アクティブアカウントの削除

2019年12月11日より非アクティブアカウントの削除が行われるとTwitter社より発表がありました。
該当する非アクティブアカウントとは、
・6ヶ月以上ログインのないアカウント
が対象です。
Twitterは過去6カ月間ログインのされてないアカウントに対して「2019年12月11日までにアカウントにログインしないとアカウントが削除されます」という警告メールを送信しています。

しかし、亡くなった方のアカウントや過去作品のアカウント(TV番組や映画、アニメ等)、その他健全な休眠アカウントなどが削除される可能性があり、非アクティブアカウント削除の発表後にたくさんの意見が寄せられ、Twitter社では何らかの対策を講じる旨も発表されました。現時点(2019年11月28日現在)では対策方法は明らかにされていませんが、Facebookの場合は亡くなった方の死亡証明書が提出されれば「追悼アカウント」に移行されるので同様の対策が考えられます。

しかしTwitter社としてはフォロワー数の信頼性の向上とフォロワー水増し対策のために行う処置であり、適切な方法で非アクティブアカウント削除が行われると思われます。

自分が原因の場合

ツィート頻度が高い

ツィート頻度が高すぎる、または急に連続ツィートを行った場合にフォロワーが減りやすい傾向にあります。
短時間にたくさんのツィートを行うと、相手のタイムラインがあなたのツィートでいっぱいになります。そのためせっかくフォローしてくれていたのに解除される可能性が高くなりますあ。

攻撃性の高いツィート

ツィートは自分の思ったことをつぶやけばいいのですが、他者を攻撃する内容や強い言い方など、フォロワーがあなたのアカウントに興味を持ってくれていたとしても解除される場合が多いと思います。
特に急に攻撃的な内容をツィートしたりすると一気に減る原因になります。

まとめ

フォロワーが一気に減少するには上記のような原因があります。
自分が原因の場合には対処できると思うので気をつけてみてください。

iPhone&Androidカテゴリの最新記事