【図解】Youtubeの再生履歴(視聴履歴)を削除する方法

Youtubeで再生した動画は再生履歴(視聴履歴)で記録されます。この再生履歴はYoutubeの最初のTop画面(ホーム)に表示される動画の表示に影響します。ホーム画面で見たい動画が見つけやすくなる便利な機能ですが、Youtubeのホームを見ると普段どんな“ 動画を見ているか ” や “ 検索しているか ”がわかってしまします。

今回はYoutubeの再生履歴を1件削除する方法、すべて削除する方法、再生履歴を残さないようにする方法の3点紹介します。
iPhone、Androidともに基本操作は同じなのでiPhoneの画面で解説していきます。
Youtubeアプリバージョン:14.04.08

再生履歴を削除する際の注意点

・削除した再生履歴は元には戻せません。
・再生履歴はログインしているGoogleアカウントで管理されています。そのためスマホで削除したら同じGoogleアカウントを使用しているタブレットなどの他の端末の履歴も削除されます。
・再生履歴を削除してもホームに表示される動画は検索履歴も参照しているため検索履歴も削除が必要です。
検索履歴の削除方法は→【図解】Youtubeの検索履歴を削除する方法

再生履歴を1件削除する

削除したい再生履歴と残したい再生履歴がそれぞれある場合はこの方法で行います。
Youtubeアプリを開き、右下の[ライブラリ]をタップします。
Youtube

ライブラリ画面の[履歴]をタップします。
Youtube履歴

再生した履歴が表示されるので、削除したい履歴を左にスライドし[削除]をタップします。
Youtube履歴削除

以上で再生履歴が1件削除できます。

再生履歴を一括で削除する

今までの再生履歴をすべて削除したい場合はこの方法で行います。
Youtubeアプリを開き右上のGoogleアカウントの[アイコン]をタップします。
Youtube

アカウントの画面の[設定]をタップします。
Youtube設定

設定画面をスライドし、[再生履歴を削除]をタップします。
Youtube 再生履歴 削除

「再生履歴を削除しますか?」と注意画面が表示されます。[再生履歴の削除]をタップします。
Youtube 視聴履歴 削除

以上で再生履歴がすべて削除されます。

再生履歴の一時停止

再生履歴を記録しないように一時的に停止することができます。子供に貸すときなどに有効です。一時停止しても以前の再生履歴が削除されるわけではありません。
上記の再生履歴の一括削除と同じ[設定]を開き、設定項目の中から[再生履歴を一時停止]の右のスイッチボタンをタップします。
Youtube 再生履歴を一時停止

「再生履歴を一時停止しますか?」と注意画面が表示されます。[一時停止]をタップすると停止できます。
Youtube 再生履歴 一時停止
再度有効にする場合も同様の操作でできます。

Youtubeの再生履歴の削除と一時停止の操作は以上です。
再生履歴は好みの動画を見つけるのには非常に有効な機能です。うまく活用してください。

>