iPhone iOS 12.2で電話アプリがフリーズする、起動しないトラブル(不具合)の対処法

iPhone iOS 12.2で電話アプリがフリーズする、起動しないトラブル(不具合)の対処法

iOS 12.2にアップデート後に一部のiPhoneで電話アプリが起動しない、またはフリーズするトラブル(不具合)が確認されています。

確認されている症状

・電話アプリを起動すると真っ白な画面になり操作できない
・電話アプリをタップすると固まり(フリーズ)操作できない
・着信はできるが発信はできない
・起動に時間がかかる
・履歴や連絡先のスクロールができない、または遅い
・操作できるが動作が重たい

など確認されています。
電話は基本的な機能なので困っている方も多いと思います。

原因

iOS 12.2にアップデートしたことで起こっているようですが、原因はVisual Voicemail(ビジュアルボイスメール)が関係しているようです。
Visual Voicemailとは、留守番電話でお預かりした伝言メッセージがiPhoneに自動でダウンロードされ、再生できる機能です。
このVisual Voicemailが一部のiPhone(iOS12.2)で正常に動作しないことがあるようで、電話アプリ起動するとフリーズしたり、動作が重くなるようです。

対処法

iOS 12.3にアップデートする

2019年5月14日から配信されているソフトウェア・アップデート(iOS 12.3)で問題は修正されていますのでアップデートを行ってください。

アップデート方法
[設定]>[一般]>[ソフトウェア・アップデート]>[ダウンロードとインストール]

ソフトウェア・アップデートが行えない場合は以下で改善する可能性があります。

ネットワーク設定をリセットをする

iPhoneでネットワークリセットを行うと改善する場合があるようです。
ネットワークリセットを行うと以下の情報が削除されるので注意してください。
・Wi-Fi
・Bluetooth
・モバイル通信
・インターネット共有(テザリング)

カーナビやイヤホンとのBluetooth接続やWi-Fiの接続設定が再度必要になります。

リセット方法
[設定]>[一般]>[リセット]>[ネットワーク設定をリセット]

Visual Voicemailを利用停止する

Visual Voicemailの利用を停止すると症状が改善する場合があるようです。
Visual VoicemailはiPhoneの設定ではなく、各キャリア(docomo、au、softbank)の設定を変更する必要があります。
利用している通信会社によって設定方法が異なりますので、停止方法は通信会社のサポートに問い合わせてみてください。

 

 

iPhone&Androidカテゴリの最新記事